上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
◆デイジーアナザー・バージョン◆2006年【韓国】 韓国映画 2006年07月04日[07:08]
シネスト


【韓国映画】◆デイジーアナザー・バージョン評価★★★★ ◆一粒で二度美味しい! 時間:101分 
◆監督・アンドリュー・ラウ ◆メインキャスト◆チョン・ジヒョン チョン・ウソン 
イ・ソンジェ チョン・ホジン デヴィッド・チャン
                
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    あのときから君ばかりを見つめてきた
                  
                   君こそ僕の求めてたひと・・。
         

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

♪私が夢見ていた

愛が目の前にあったのに

それに気づかぬまま

あなたを無言のまま見つめていたの

見知らぬ人ばかりなこの街で

愛を絵に描いて暮らしていた

デイジーの香りいっぱいなあなたと

いつも会いながら・・・。

今はもう 私は

あなたを知ってしまったから

私たちは一緒には なれない

死んでも失いたくはないのに・・・。

ごめんなさい。あなたがしてくれたこと。

もう旅立たなきゃ・・・。♪


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

全編オランダ・ロケという破格のスケールによるユニバーサルな愛の名作
1人の女性を巡り、暗殺者とインターポールの捜査官が繰り広げる残酷な三角関係を
描いたラブ・ストーリー。全世界共通のインターナショナルバージョンと違い、
視点をヘヨン(チョン・ジヒョン)からではなく、パクウィ(チョン・ウソン)からの視点で描く
韓国アナザーバージョン。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

オープニングで、チョン・ジヒョンが自転車に乗って登場までは同じ。
そのあと、夕立のシーンがばっさりカットされている。
そして、スタッフロールで、チョン・ウソンが船で運河を渡ってくる所から始まり、
快晴のオランダで物語は進行する。

インターナショナルバージョンでは、なかなかチョン・ウソンが出てきませんでしたが、
こちらでは、なかなかイ・ソンジェが出てきません。(^o^)ハハハ

ほぼ、編集とエフェクト処理などでの違いが主で、全く未公開な場面はごく僅かです。
(ただし、ラストが見もの。これで少しは、すっきりするのでは・・・?)

むしろ、カットシーンが多く、編集に不自然な点があるのが残念です。
シーンが前後してしまい、同じシーンが連続で流れてしまったり、
肝心な場面をカットしてしまったため、説明もなく唐突に進んでしまう場面も・・。

ですが、頭と終わりがチョン・ウソンでまとまっているのが良いです。
暗殺者、パクウィの物語としてこれまた良いのではないでしょうか?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【みどころ】

◆パクウィ(チョン・ウソン)からの視点は何とも言えない男のシャイな一面がかいま見れる。

◆そして、インターナショナルバージョンとの最大の違いはラストにあります。( ̄ー ̄)ニヤリッ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント◇

めらんじぇさん、こんにちわ
この「アナザーバージョン」はつい最近まで知りませんでした。
もっと宣伝すればよいのに?
韓国だけで上映されたんですか?

>こちらでは、なかなかイ・ソンジェが出てきません。(^o^)ハハハ
いろいろ違いがあるようで、おかげ様でよく分かりました!
どうもありがとうございました。

>最大の違いはラストにあります
むむ・気になりますね。
DVD化の時、こちらもセット発売してくれるといいなあ・・・
映画あまり成功しなかったようですが、何ででしょうね。
「連理の枝」も。なんだかしょぼん・・です。
2006/07/04(火) 11:22:09 | URL | cocoan #QMnOeBKU[ 編集]
こんばんわ。
とても素敵な情報ありがとうございました。
こんなのあったんですね、知らなかった。面白そう~~~!!

>そして、インターナショナルバージョンとの最大の違いはラストにあります。( ̄ー ̄)ニヤリッ
あぁぁぁ、この1行に物凄くそそられてしまうのですがっ!
どうもあのラストは・・・モヤッとボールを投げたい気分になりましたので
是非是非スッキリボタンを押させて頂きたい。
どうか日本の僻地でも鑑賞出来るようになりますように・・・と願うばかりです。

2006/07/04(火) 23:18:04 | URL | 美優 #FsXvom2E[ 編集]
cocoanさんへ、
両方観るのが一番いいですよ。
細かい部分での疑問とかが解けますしね。

たぶん、レンタルはインターナショナルバージョンのみでしょう。
セル版の方は日本企業の嫌なやり方である、通常版とデラックス版(両バージョン収録)とか何とかいってぼったくるんじゃないんでしょうか?
【私・ケシ】もそうでしたから。
おそらく6千円台かな?
韓国はデラックス版で2枚組みだとしても3千円台で販売しますからね~
2006/07/06(木) 10:45:37 | URL | めらんじぇ #-[ 編集]
美優さんへ
どうもです。
そうなんですよ、こんなのあったんです!(笑)
あのラストはスッキリしませんでしたよね。
一人の女性を追い求めた暗殺者。
ウソンファンにはこちらのバージョンがいいでしょうね。

四大都市のみだなんていやらしいやり方ですよね。
日本の配給会社は利益ばかり考えていますな!
拡大公開してくれることを望みます。
2006/07/06(木) 10:54:42 | URL | めらんじぇ #-[ 編集]
めらんじぇさんへ
行ってきました。明日から大阪なんですけど、頑張って田舎から街まで出てきましたが。。。なんかですねえ、この「アナザー・バージョン」私が飛行機の中で見た奴と全くと言っていい位同じなんです。時間も2時間なかったし、韓国映画にしたら、凄く短いなあと思った事と、イ・ソンジェの出番えらい少ないなあ、しかもどこからどうみてもパクイ視点から出来てる映画で、そのものずばりパクイに感情移入して観ちゃいましたから。。。もしかして、いやそんなことはないと思いますが、まさか機内で観たのが「アナザー・」???
ラストはボスと銃撃戦やったかなあ、でもって、画面が暗くなって、どかっと倒れこんだかなあ・・・でもって、ラストシーンは「みんなで雨宿り(どんな未来も変えられる看板の下で)」でしたが・・・
インターナショナルとの違いはどこにあるのか是非教えて下さい!!!
目茶気になります。
すっきりしないラストってどんなラストだったんですか?
私は全然いい感じで終わったと機内で思っとりましたが・・・
2006/07/18(火) 19:36:35 | URL | meihua #-[ 編集]
疲れた体でせっかく観に行かれたのに・・・。
一応、本国版は「アナザー・バージョン」と言われているほうですね。
で、『インターナショナル・バージョン』は実はディレクターズカット版とのこと。
でも、あの映画はラブモノにしてはでかいスクリーンで見る価値がありますね。
やはり、ラストの曲の詞がたまらなく切ないです。
物静かに終わっていく感じ・・・。余韻を味わって席を立つ。
2006/08/01(火) 05:45:03 | URL | めらんじぇ #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/05(金) 06:31:07 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/13(水) 10:49:48 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/20(水) 13:41:05 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/21(木) 03:21:11 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/03(水) 03:41:33 | | #[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
◇トラックバック
スポンサーサイト ◆デイジーアナザー・バージョン◆2006年【韓国】のトラックバックURLはこちら
http://googoo777.blog19.fc2.com/tb.php/35-62c0f375
◇◆連理の枝◆2006年【韓国】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。