上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
◆デイジーアナザー・バージョン◆2006年【韓国】 韓国映画 2006年07月04日[07:08]
シネスト


【韓国映画】◆デイジーアナザー・バージョン評価★★★★ ◆一粒で二度美味しい! 時間:101分 
◆監督・アンドリュー・ラウ ◆メインキャスト◆チョン・ジヒョン チョン・ウソン 
イ・ソンジェ チョン・ホジン デヴィッド・チャン
                
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    あのときから君ばかりを見つめてきた
                  
                   君こそ僕の求めてたひと・・。
         

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

♪私が夢見ていた

愛が目の前にあったのに

それに気づかぬまま

あなたを無言のまま見つめていたの

見知らぬ人ばかりなこの街で

愛を絵に描いて暮らしていた

デイジーの香りいっぱいなあなたと

いつも会いながら・・・。

今はもう 私は

あなたを知ってしまったから

私たちは一緒には なれない

死んでも失いたくはないのに・・・。

ごめんなさい。あなたがしてくれたこと。

もう旅立たなきゃ・・・。♪


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

全編オランダ・ロケという破格のスケールによるユニバーサルな愛の名作
1人の女性を巡り、暗殺者とインターポールの捜査官が繰り広げる残酷な三角関係を
描いたラブ・ストーリー。全世界共通のインターナショナルバージョンと違い、
視点をヘヨン(チョン・ジヒョン)からではなく、パクウィ(チョン・ウソン)からの視点で描く
韓国アナザーバージョン。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

オープニングで、チョン・ジヒョンが自転車に乗って登場までは同じ。
そのあと、夕立のシーンがばっさりカットされている。
そして、スタッフロールで、チョン・ウソンが船で運河を渡ってくる所から始まり、
快晴のオランダで物語は進行する。

インターナショナルバージョンでは、なかなかチョン・ウソンが出てきませんでしたが、
こちらでは、なかなかイ・ソンジェが出てきません。(^o^)ハハハ

ほぼ、編集とエフェクト処理などでの違いが主で、全く未公開な場面はごく僅かです。
(ただし、ラストが見もの。これで少しは、すっきりするのでは・・・?)

むしろ、カットシーンが多く、編集に不自然な点があるのが残念です。
シーンが前後してしまい、同じシーンが連続で流れてしまったり、
肝心な場面をカットしてしまったため、説明もなく唐突に進んでしまう場面も・・。

ですが、頭と終わりがチョン・ウソンでまとまっているのが良いです。
暗殺者、パクウィの物語としてこれまた良いのではないでしょうか?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【みどころ】

◆パクウィ(チョン・ウソン)からの視点は何とも言えない男のシャイな一面がかいま見れる。

◆そして、インターナショナルバージョンとの最大の違いはラストにあります。( ̄ー ̄)ニヤリッ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
スポンサーサイト
ネスト


【韓国映画】◆連理の枝評価★★★☆ ◆二重の仕掛けが・・? 上映時間 107分

監督: キム・ソンジュン 出演: チェ・ジウ, チョ・ハンソン, その他

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  
          2人の甘い蜜月から衝撃のラスト         

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

あと少しの命と宣告されたヘウォン。これが彼女にとって生涯最後の恋。
若き青年実業家のミンス。
彼女に出会って初めて知った。これが初めての本当恋。
一緒に過ごせる短い時を何よりも大切にしたい。
誰よりも幸せにしてあげたい。
二人の想いは重なり絡まりあい、その愛の枝を伸ばす。
それは切なく美しい秘密が芽生えた瞬間だった…。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆ドラマの女王チェ・ジウ主演の作品。
彼女は不思議にもテレビでは高視聴率を稼ぎ出しますが、こと劇場作品には
全くと言っていいほど恵まれておりません。
今回こそこの作品でヒットなるか?と思われましたが、本国では興行的に大失敗でした。
なんと、10万人にも満たない。
日本でもそこそこを期待していましたが、あまりヒットしませんでした。
で、作品の出来が悪いかと言えば、及第点で、悪くはないです。
前半はコミカル路線まっしぐら!
後半は韓国ドラマにありがちのお涙頂戴路線。
ですが、ここに大きな仕掛けが2つ用意されていたのです。
ありがちのパターンかと思いきや???


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆ラストに大きな仕掛けがあって、泣きました。
ここはたまらないです。
これ、やられたらめちゃめちゃ悲しみにふけますよ。(;_q))クスン

一歩間違えばありきたりな作品が、
この2つの仕掛けによってこの作品を底上げしております。
主題歌は音楽ヒットチャート連続1位の世界記録保持者シン・スンフン
14週連続1位を記録しギネスブックに登録

感動のラストまでゆったりと楽しんで欲しいと思います。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【みどころ】

◆前半のコミカルなチェ・ジウの演技が笑える。

◆そして、2つの隠し球。??ラストに涙する・・・。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。