上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
◆如果・愛◆2005年【中国】 中国映画 2006年06月15日[10:04]
◆如果・愛◆


【中国映画】◆如果・愛:Perhaps Love評価★★★★綺麗な映像美に注目 時間:107分
 
◆監督:陳可辛脚本:杜国威、林愛華◆メインキャスト◆周迅 金城武 張学友 池珍熙(韓)
                
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 スターになることを夢みるスン・ナ。
             
          湖のほとりの小さな家に住み夢を追い続ける。
  
                     

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

上海で、ニェ・ウェン監督(ジャッキー・チョン)によるミュージカル映画の
製作発表記者会見が行われる。主演は今最も注目されている俳優リン・ジェンドン(金城武)と、
ニェ・ウェンの恋人で人気女優のスン・ナ(ジョウ・シュン)。
ジェンドンは、会見でのスン・ナの冷たい態度にショックを受ける。
実はジェンドンとスン・ナは、かつて恋人同士だったのだ。
1995年、北京。映画学校に通うジェンドンは、
スターになることを夢みるスン・ナと出会い、恋に落ちる。
2人は、湖のほとりの小さな家で暮らしながら、夢を追い続けていた。
そんなある日、スン・ナは、スターへの近道としてニェ・ウェンの恋人となり、
ジェンドンの元を去ってしまう。
そして10年後。人気俳優となったジェンドンは、恋敵ニェ・ウェンの作品で、スン・ナと共演することになる。
監督は、そんな2人の過去を全く知らなかったのだが…。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「LOVERS」の金城武、「小さな中国のお針子」の周迅 (ジョウ・シュン)、
香港を代表するシンガー・張學友(ジャッキー・チョン)、
「宮廷女官 チャングムの誓い」のチ・ジニら、アジアのトップスターをキャストに
迎えた超話題のミュージカル映画。
「ラブソング(甜蜜蜜)」の陳可辛(ピーター・チャン)監督が9年ぶりに手がけた
長編。王家衛(ウォン・カーワイ)作品でおなじみの2005年のクリストファー・ドイルと、
「グリーン・デスティニー」の鮑起鳴(ピーター・パウ)らが、撮影を担当。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

監督は周迅 (ジョウ・シュン)のキュートな魅力を存分に引き出している。
まるで、彼女の実生活?と思えるくらいである。
貫禄と歌声で魅了する張學友(ジャッキー・チョン)は安心して見ていられる。
久々に金城武の歌声も披露しており、彼のファンなら大喜びか?
とてもかっこよく、何となく、日本のドラマ【輪舞曲】の竹ノ内とダブる。(笑)

とにかくお洒落な演出と音楽、そして、ドイルならではのカメラワーク。
とても素敵でした。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【みどころ】

◆数々の美しい風景とセットの町並み。

◆ミュージカル仕立ての心地よさと美しさ。
特に、女性ダンサーが歌って踊っている曲があの、山口百恵のロックンロールウイドー!!

ラスト15分の驚きな映像!素晴らしいアイデア!!最大の見どころです。

◆音楽もゆったり流れ、心地良いです。エンディング曲も良い。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
スポンサーサイト
イヌゴエ


【日本映画】◆イヌゴエ評価★★★★ ◆犬好きな方にお薦め 時間:100分
 
◆監督・横井健司 ◆メインキャスト◆ 山本浩司 村上淳 馬淵英里何
宮下ともみ 遠藤憲一

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   おまえ、なんでオッサンなんだぁ?             

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

26歳の青年・芹澤直喜は、住宅の臭気指数を測定したり、
地域住民の苦情に対応したりする臭気判定士。
イヌ並みの鋭い嗅覚を持つ直喜にとってそれは天職だったが、地味な仕事のためか、
いつも人生に消極的で恋人にも愛想を尽かされ気味。
そんなある日、直喜の父親が数日留守にするからと一匹のフレンチブルドッグを押しつけていく。
しぶしぶ預かることにした直喜だったが、次の瞬間
「腹へったのぅ、ごっつメシ喰いたい」というドスのきいた関西弁を耳にしてビックリ仰天。
なんとそのイヌは人間の言葉をしゃべる犬だったのだ!?


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

いつでも人生に消極的で、恋人にもあきられがちな主人公・直喜。
そんな彼が父親に押し付けられたフレンチブルドッグ・ペス。
一見可愛いペスは、実はオッサン声で関西弁を話す不思議なイヌだった…!? 
映画は、ペスとの出会いによって直喜が少しずつ変わっていく姿を描きます。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

無愛想なフレンチブルドッグの「心の声」が直喜には分かる。
人間の言葉は犬には分からない?
お笑いのネタ的な内容を上手くまとめ上げている感じ。
子供向けな内容ではないのだ。
大人向けで、犬が大好きな人達に捧げる物語である。
ちらりと動物虐待などを取り上げているあたり、中々ツボを得ている。

とにかく、フレンチブルドッグの表情が愛らしい。
こちらを見る大きな目が何とも言えない!U^ェ^U ワン!
少々気怠い感じで進行するし、上映時間がやや長い気がする。
しかし、関西弁なおっさん声等、アイデアとセンスはとても良いです。
気軽に観るには丁度良いのでは??

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【みどころ】

◆犬好きにはたまらないかも??

フレンチブルドッグがお好きな方必犬!!⊂^^U__ノ゛

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ポセイドン


【アメリカ映画】◆ポセイドン評価★★★☆ ◆圧倒的な水の恐怖 時間:98分
◆監督: ウォルフガング・ペーターゼン ◆メインキャスト◆カート・ラッセル ジョシュ・ルーカス
ジャシンダ・バレット リチャード・ドレイファス ジミー・ベネット


【テレビ用映画】◆ポセイドン・アドベンチャー評価★★★★ ◆オリジナルを更に拡張 時間:174分
 
◆監督・ジョン・パッチ ◆メインキャスト◆アダム・ボールドウィン ルトガー・ハウアー
スティーブ・グッテンバーグ ブライアン・ブラウン C・トーマス・ハウエル
                
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

              リメーク対決!!             

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船“ポセイドン号”。広大なボール・ルームには
大半の乗客が集まり、ニューイヤー・イブの祝宴が華やかに催されていた。
ところが、今まさに新年を迎えようとしたその瞬間、巨大な波がポセイドン号を襲い、
船は瞬く間に船底を上に向けて完全に転覆してしまうのだった。
4000人の乗客の多くが一瞬にして命を失う。天地逆転したボール・ルームに残るわずか
数百名の生存者たち。
船長は救助が来るまでこの場に止まるよう全員に命じる。
しかし、プロのギャンブラー、ディランは自らの直感を信じ、一人脱出を企てる。
一方、前NY市長のロバートも、別の場所にいる娘ジェニファーを捜すため、
ディランと行動を共にするのだったが…。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

72年に製作されたパニック映画の金字塔「ポセイドン・アドベンチャー」を、「トロイ」
「パーフェクト ストーム」のウォルフガング・ペーターゼン監督が
最新の映像技術を駆使してリメイクしたスペクタクル。
主演は「バックドラフト」のカート・ラッセルと「メラニーは行く!」のジョシュ・ルーカス。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

監督は水に対してのスペクタクルな映像を得意としているだけあって、72年版を凌ぐ
水の恐ろしさを存分に描いた映像が見もの。

かたや、テレビ版はVFX映像では定評のあるホールマーク制作。
72年版の核となる人間ドラマやキャラクター数々の名場面を忠実に再現している。
それだけにとどまらず、新たにテロリストのオリジナルを加え、テレビドラマの域を超えている。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今回の作品、大半の意見一致。
72年版の核である人間ドラマがばっさり取り除かれているのが。(笑)
キャラクターについてもイマイチ。
設定もめちゃくちゃ。役者にしても一線級でないのが残念。
しかし、冒頭の全編CGは凄いし、72年版がイマイチ水没に対しての恐怖感が足りないため、
監督は分かっていて的を絞ったのであろう。
スピード感のある転覆シーンは前作より遙かに凄い!
観ているモノに余裕すら与えない。
話の内容は前作で完成されているのだから、全く同じにする必要はないと思う。
潔い判断であろう。
まっ、今回の特撮で前回の人間ドラマがあれば大作になったかもしれない。
しかし、話の全容が明かされていない当時ならいざ知らず、分かっている今では
くどくど、人間模様を描かなくても良いかもしれない。
ただ、本編の逆さまな状況が視覚効果としてポイントが高いのだが、
今回のポセイドンはほとんど自分の得意分野である水面下が大半を占めているのが
気に入らない。
建物の構造自体もイマイチはっきりしていない。脱出ルートも簡単に割り出しているのも不自然。

かたや、テレビ版は当時の思い入れ深いキャラを限りなく近づけ、名場面を限られた
予算で再現しているのは立派。
上で述べた部分に関しても、しっかりと取り入れており、特に、逆さまでのパソコンを
操作してのメールは今を反映している。
新たに、テロリストの話を盛り込み、
今回の劇場版で問題のシーン(自殺願望者がウェイターを蹴り落とす)では、
こちらは犯罪者を蹴り落としているのが興味深い。
こちらの方が納得できる。
自分たちだけが助かればそれで良い!ってのは今の社会を表しているのだろうが、
あれは決して良いとは思えない。
劇場の迫力には負けますが、テレビドラマの枠では十分に楽しめる。
この作品を好きな方は、併せて今回のポセイドンも観れば楽しさは更にますモノと思われます。

水没の恐ろしさをふんだんに見せてくれるので、劇場の大スクリーンで堪能したいそんな作品でした。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【みどころ】

◆劇場版はやはり、転覆シーン、他冒頭のCG、VFXたっぷりな視覚効果。
新たなディザスタームービーとして楽しめる。

◆テレビ版は72年版を上手く再現しており、更に、オリジナルな内容を盛り込み、
懐かしさを味わえる。
主立った特徴的なキャラクターが当時の役者にかなり近い人物をあてているのも○

◆72年版の映画版は赤い船底から脱出するシーンが印象的でしたが、
テレビ版では船底が青い!!(笑)
72年版の映画版で印象的な神父。
何とこちらでは・・・??(謎)( ̄ー ̄)

◆今回のポセイドンは音楽、音響効果がイマイチでした。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。