上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
◆炎のメモリアル◆2004年【米】 映画 2005年04月27日[12:46]
炎のメモリアル


炎のメモリアル評価★★★☆ 時間:116分輸入盤 ◆2005/05/21日本公開予定
 
◆監督ジェイ・ラッセル◆メインキャスト◆ホアキン・フェニックス、ジョン・トラボルタ
ジャシンダ・バレット、ロバート・パトリック
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

『家族を愛し、仕事を愛し、全力で生きたあなたが、誇りだった』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【バックドラフト】と同じ命をかける消防士たちの活躍を描いた作品。
まず、監督は制作にあたり、CGを嫌い、本物の火にこだわりをみせた。
火災のシーンはほとんどが、本物の炎の中での撮影。
大量の煙と炎、崩れ落ちてくる壁・・本編の見所である。

主人公ホアキン・フェニックスは、実際に消防アカデミーで2ヶ月も訓練を積んで
この作品に望んだそうだ。確かに本物さながら演技とは思えない素晴らしさ。
実際のBaltimore消防団員も出演しており、アシストしている。
上司、消防署長にジョン・トラボルタ。以前ビルを爆破した役をした彼が、
今度は救助する側になり、主人公を底上げする熱い男を演じている。
ただ、個人的に髪型が気に入らない。短すぎ!(笑)

火災を消火するのが使命だが、家族愛、仕事に対する情熱を消火する事はしない。
消火する男が熱く燃やす・・。(苦笑)
みどころは冒頭で述べたリアルな火災現場の中。

【こんなところにも注目】
この手の作品は暗い夜の中が多いのだが、
この作品は真っ昼間も描いてる所、さらに驚きは雪の中での救助!
ここにも注目していただきたい。
まさに、消防隊員に敬意を贈りたい、そんな作品である。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。